すべての源泉はここにあり|愛南町の魅力

愛南町の美しい海

美しい海を求めて、多くの観光客が訪れる

愛南町の海には珊瑚礁が自生し、色鮮やかな熱帯魚が気持ち良さそうに泳ぎます。こうした手つかずの自然を求めて、ダイビングやシーカヤック、シュノーケルなどのマリンスポーツが盛んです。
また、海中展望船「ユメカイナ」や「ガイヤナ」に乗れば、どなたでもその美しい海の中を鑑賞することができます。

愛南の魚介 日本にいる1/4の魚が生息

太平洋と宇和海の2つの海に面し、山から流れ出る豊富なミネラルが僧都川を通じて流れ込む愛南町の海は豊穣で、日本全国の1/4の800の魚種が生息する魚の宝庫です。
また、1年を通じて温暖な水温や、水深が深いリアス式海岸は格好の養殖漁場で真鯛やブリ、クエ、カキ、ヒオウギガイなどの養殖が盛んです。

愛南漁協・深浦漁港|水揚げの様子

一日2度のセリが行われる、愛南漁協

愛南町沖で操業する船はもちろん、ときには高知や宮崎、鹿児島沖で操業する船も水揚げされる愛南漁協。その理由は漁業の際に必要な餌の供給施設が充実していることや保冷施設、流通体制が整備されていることが挙げられます。さらに、愛南漁協では新鮮な魚を消費者に届けるために、朝と夕、2度セリが行われます。

愛南漁協|セリの様子