食材

愛南びやびやかつお

愛南びやびやかつお

「びやびや」とは、包丁が入らないほど新鮮な魚に使う地元の浜言葉。一本釣りで釣り上げ、船上で血抜きをした日帰りかつおを、スラリーアイスという特別な氷で包み、個体管理をした極上のかつおです。

真鯛

真鯛

愛南町をはじめ愛媛県南予地方は日本最大級の真鯛養殖の産地です。平均水温は夏28℃、冬17℃とあたたかく、適度な潮の出入りで、健やかで身質の引き締まった真鯛が育ちます。

キハダマグロ

キハダマグロ

一本釣りや曳網で揚がったマグロは、赤みが濃く脂ものって美味です。特に夏から秋にかけてが旬で、愛南町では10kg以上のモノをシビ、それ以下のモノをビンタと呼びます。

ブリ

ブリ

海流の影響を受けて脂ののったブリは、秋から冬にかけて旬を迎えます。黒潮海閤では、味の一定化を図るために、養殖ブリを主に使用しています。

愛南かき

愛南かき

愛南の冬の代名詞といえば「カキ」。
大きさをはじめ一定の基準を通過した地元のトップブランド「愛南かき」を使用しています。
プリプリ肉厚な身とジューシーな味わいをお楽しみください。

肉

A5ランクの和牛を中心に、日本各地の取引先から厳選した食肉を取り寄せ、提供しています。